2014年05月20日

2014九州旅行その3

九州最終日の5月3日。ほぼノープランで何をしようかと前日ホテルで考えていたが、ホテルの1階のコンビニでガイドブックがあった糸島市を観光しようということになった。連休最終日ということもあり、福岡市内からの道路が混み合うことを考え、福岡市の端にあるJR筑肥線の九大学研都市駅から、前日同様カーシェアリングを利用することになった。
JR筑肥線は福岡市地下鉄空港線と直通運転をしており、ホテルの目の前から乗換無しで九大学研都市駅まで行くことが出来た。この駅は、糸島市内に移転した九州大学伊都キャンパスの交通拠点として開業した新しい駅で、真新しい建物が並ぶ。駅の近くのカーシェアリングステーションに出向き車を出発。糸島半島に向けてハンドルを切った。しばらくすると、博多湾の綺麗な景色が広がり、絶好のドライブルートかなと感じながら、景色がいい展望台のあるところで車を止めて写真を撮った。

DSC05380.JPG

DSC05389.JPG

その後はガイドブックに載っていた気になるところをめぐる。ちょうど昼時になり、地元の物産が集まるところで海鮮丼と決め込んでいたが、連休中とあって、1時間待ちの行列。露天で売っていたものを適当につまみ更に糸島半島を巡った。

最後は海側から山側に移り、以前から見てみたいと思っていた白糸の滝を訪ねる。ここも観光客でごった返しており、駐車場がいっぱいになっていた。

DSC05413.JPG

白糸の滝を後に、車を借りた九大学研都市駅に戻る。

DSC05432.JPG

帰りは開催中のどんたくを見に行くため、地下鉄を天神で下車した。天神のコーヒーショップで一旦休憩し、どんたくを見てホテルに戻り、預けていた荷物を持って、地下鉄で空港に向かう。飛行機までは時間があるので、空港で夕食を取り、今回の旅行を打ち上げた。

羽田に帰ってからは、行きと同じくHKT48のアナウンスが流れるモノレールと京浜東北線で帰宅した。

ブログ村 デジタル一眼(SONY)


posted by 安部ちゃん at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

2014九州旅行その2

ホテルで早く目覚め、朝食を済ませて博多駅に歩いて向かう。地下鉄でひと駅の距離はちょうど朝の散歩といった感じだ。

DSC05331.JPG
時間はまだ7時前で人通りも少なく、静かな博多駅は荘厳と構えている感じがした。

DSC05335.JPG
切符を購入し、ホームで待つと、乗車する特急ソニック3号が入線してきた。
この日は連休の合間の平日と言う事で、サラリーマンの姿が多くかなりの乗車で博多駅を発車した。

朝の通勤時間帯を走っているので、所々先行の普通列車に行く手を阻まれながら進んでいく。車窓に八幡の製鉄所や北九州の工場群を眺めたところで、列車は小倉駅に到着。
ソニック号は小倉から日豊線に入るため、ここで進行方向が変わる。今どきの列車では珍しいが、乗客が協力しながら座席を回転、客も入れ替わりこれまでよりも若干空いてきた。
小倉を出たらうつらうつら。気づけば別府に到着。沿線最後のハイライト、別府湾の車窓を眺めて列車は大分駅に終着した。

大分駅から歩くこと5分でタイムズの駐車場に着く。ここで予約していたカーシェアリングをする。手続きも初めてで緊張したが、無事にエンジンがかかり、墓に向かってドライブ開始。途中のスーパーで供え物等も購入、墓まで山道を登っていった。到着後墓をきれいにし、墓前にここ一年の報告をした。

墓参りのあとは近隣の観光。今回は宇佐市安心院(あじむ)町にある東椎屋の滝と安心院葡萄酒工房を訪ねた。ちょうど昼どきだったので、まずは腹ごしらえ。大分の名物に舌鼓を打ち、ワイン製造の工程を見学、土産のワインを物色した。

DSC05355.JPG
東椎屋の滝

IMAG0123.jpg
大分の名物(真ん中が団子汁、鶏天もある)

DSC05367.JPG
安心院葡萄酒工房の庭、新緑がきれい。

いい時間になったので、安心院をあとに車を走らせ、大分市を目指す。時間に余裕を持っていたが、大分市内に向かうにつれ若干渋滞。別府に行ったのに温泉には入らず、車を駐車場に戻した。

高架化で駅ナカがとりあえずきれいになった大分駅で更に土産を物色、車内での一杯のため鶏天とビールを購入しホームに向かう。帰りの特急ソニックは行きとは別の形式の車両。実は、こちらのソニックに乗ってみたかったため得をした気分になった。

DSC05372.JPG
白いソニックの乗車口

DSC05379.JPG
ドイツのICEに少し似ているような白いソニック

列車は大分駅を発車、缶ビールでドライブを打ち上げれば、あれよあれよと夢の中。小倉駅の座席回転で起こされ、そこからは立ち席が出るほどの混雑となった。行きとは違い、小倉からも飛ばしたソニックは夕方の博多駅に定刻に滑り込んだ。

ちょうど夕食の時間。今宵は博多名物のモツ鍋と決めていたので、地下鉄に乗って赤坂駅で下車。モツ鍋屋さんで美味しい料理を頂いた。

IMAG0124.jpg

ホテルのすぐ前までバスがあることもわかり、ホテルへはバスで帰着、充実した二日目も終わった。

鉄道ブログ 鉄道旅行
写真ブログ デジタル一眼(SONY)

posted by 安部ちゃん at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

2014九州旅行その1

毎年どこかで、墓参りを兼ねて九州旅行に行く。父の命日の秋に行きたいところだが、都合もあり、なかなかこだわれなくなった。昨年、一昨年は夏に行っており、今年は少し早いが、連休が取れた5月に行くことにした。

夜勤を終え、昼前に一旦帰宅。勤務先から羽田空港まで直行した方が速いが、荷物もあるので帰宅した。

準備を整えて家を出発。浜松町駅でモノレールに乗り換えた。

モノレールには、ICカードで乗車も可能であるが、往復割引があると言うのでこれを購入、HKT48のアナウンスが流れるモノレールに乗り、空港に到着した。


購入した航空券は当日空席があれば、予約の便よりも早い便に乗れると言うので、50分後の飛行機に変更してもらった。

出発まで少し時間があったため、ラウンジで飲み物をいただき、飛行機に乗り込む。何かと話題のボーイング787型機であった。



離陸後、多少揺れただろうか、飲み物のサービスのあとは心地よく寝ていた。目を覚ますと大阪を過ぎ、広島あたりを飛んでいた。窓際の席のため、ここからは車窓を眺めながらの旅になる。新型機の翼の形状や、日本地図を見ながら飛んでいる場所を探すのが楽しくてたまらない。

暫くすると着陸態勢に入ると言う。前々から行きたいと思っていた山口県の角島が景色から去ったところだった。

飛行機は博多湾から福岡の街並みを見ながらがら旋回し、南側から福岡空港へ着陸。

結果、当初の予定よりも1時間半早く福岡に到着、とりあえずターミナルビル直結の地下鉄に乗り、ホテルにチェックインした。


今日の夜は福岡に行ったら必ず行く天神の屋台と決めていた。

予定よりも早く着いたので、ホテルから天神まで、福岡の街を歩きながら天神へ向かった。ちょうど開店した頃に屋台に到着、この日一番の客になった。

まずは福岡到着を祝してビールで乾杯。出されたお通しをいただきながら、まずはおでんを注文。



おでんを食べている間に客が次から次へと入ってくる。

九州と言うことで、ビールのあとは焼酎の水割りを頼む。安い麦焼酎なのだろうが、雰囲気と肴の美味しさもあって美味しくいただく。

頼んだのは名物の明太玉子。その場で調理しており、非常にジューシーである。



水割りをおかわりして焼豚、目の前にあって気になっていた焼豚を注文、更におでんを追加する。



店内はお客さんで一杯となり、会計をして屋台を後にする。


ホテルから屋台まで歩いたことで地理にかなり明るくなり、ホテル沿いの道路に向け天神、渡辺通りを南下する。

ちょうどバス乗り場の近くに久留米で有名なラーメン店「大砲」があったので迷わずお邪魔する。



〆の豚骨ラーメンをするりと平らげ、バスに乗ってホテルに戻った。
posted by 安部ちゃん at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。