2014年12月16日

山形日和

タイトルはこの夏の山形デスティネーションキャンペーンのキャッチコピーである。

朝8時過ぎに仙台駅から仙山線に乗り山寺に向かう。仙台駅発車場面では通勤・通学で多くの人が乗っていたが、Suicaエリアの終わる愛子でガラガラに。列車はいよいよ山深いエリアを進み、舞っていた小雪が徐々に積もり始める。先日、県境の面白山トンネルを抜け、雪の重みで木が倒れ、電車が何時間も停電するという事態が起こった現場付近には作業員の姿が。面白山から坂を下り、列車は山寺駅に到着。奥の院に向けて階段を上る。

少し暖かくなったのか、一旦雪が解け、再凍結した感じで滑りやすい階段を時折手すりに掴まりながら奥の院に到着。

見晴らし台から山寺駅方面を俯瞰する。

20141216212339003.jpg

階段の上りよりも危ない下り。かなり気をつけていても、一度滑って転んだ。慎重に下りきり、山寺駅に戻る。電車まで時間があったので、ふもとの茶屋でコーヒーとずんだがたっぷりの生麩団子をいただき、暖をとる。

山寺駅に戻り、山形行きの仙山線に乗り、山形駅の一つ手前、北山形駅で下車、開店直後の「栄屋分店」という店に入り、気になったメニュー「ダイナミックラーメン」をいただく。

20141216212742814.jpg

野菜の量も多かったが、それ以上に麺が大盛だった。

この後、天童市内にある温泉施設を目指すが、私が乗ったことのない左沢線の寒河江駅からバスに乗れば、ちょうど寒河江と天童の中間にあることがわかり、左沢線のディーゼルカーに乗車。。

20141216212945956.jpg

寒河江駅まで行き、バスに乗って天童最上川温泉「ゆぴあ」での温泉入浴を果たし、さらにバスにて天童駅へ。天童駅からは、このデスティネーションキャンペーンに合わせて塗色を変更した山形新幹線「つばさ」で帰宅した。


posted by 安部ちゃん at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行・鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見しております。
今夏山寺に行ったときはすごく暑くて階段が急でしたが、冬は凍って滑りそうなのでさらに登りがいがありそうですね!
Posted by さだ at 2014年12月20日 18:59
コメントありがとうございます。
実は帰り道にこけました。

寒河江から天童はなかなか良い抜け道です。
帰りのつばさ号は新色でしたが、室内は変わらずでした。
Posted by 安部ちゃん at 2014年12月25日 15:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。