2013年05月12日

英語力

先日、仕事帰りの池袋駅で、「成田エクスプレス」から下車した外国人からサンシャインまでの道を聞かれ、かなりしどろもどろに答え、非常に悔しい思いをした。

ちょうど我が家に届いた定期購読誌である「日経ビジネスAssocie」の特集が英語の壁を破るというものであった。
前の職場にいたときは、長期の連休もとれ、新幹線通勤であったこともあり、録音した「ラジオ英会話」を新幹線で聞いたり、長期休暇を利用した海外旅行に出かけて英語力を養っていた。それでも、年々話せなくなる事にイライラする事もあった。

そんな中でのこの経験。海外に行きたいという事の前に、もう少し英語と触れ合う時間を作って行かなければならない。
今の仕事環境でできることを探しながら、何か目標を持って取り組んで行かなければならないと感じた。

とりあえず、「ラジオ英会話」をしっかり聞くことから始めたいと思う。


posted by 安部ちゃん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

成田詣で

私の好きな寺に成田山新勝寺がある。何かの縁で10年ほど前、千葉で仕事をし、1年ほど成田市の職場で働いたことも影響してか、今でも時折無性にいきたくなるのが成田山である。

そんなこんなで、先日の休み、カメラ片手に成田へ出かけた。せっかくなので、飛行機の写真も撮りに行こうと思ったわけである。
まずは電車を乗り継ぎ、常磐線の我孫子駅へ。有名な「弥生軒」のから揚げそばを食べようと思ったが、入店早々、店員に「から揚げ売り切れたけどいい?」と聞かれる始末。昔はそこまで聞かれることはなかったため、かなりから揚げそばだけが人気になっているような感じがした。せっかくなので、立ち食い蕎麦屋の定番、天玉そばを食し、成田行きの電車に乗り込む。
成田駅ではすぐの接続で、成田空港行きの電車がやってきた。まずはこの電車に乗って、成田空港第1旅客ターミナルの展望デッキから、飛行機の撮影をする。

DSC04429.JPG
目の前で駐機していた「ヴァージン・アトランティック航空」4発機のA340-600はスマートさと力強さを兼ね備える。

DSC04433.JPG
コンチネンタル航空と合併したユナイテット航空

DSC04443.JPG
タイ国際航空のジャンボ機塗装もクラシックカラーだ。

DSC04452.JPG
飛び立つブリティッシュエアウェイズ

DSC04453.JPG
欧州へ最短最速を謳うフィンエアー(フィンランド航空)昔はムーミンジェットなんて言うのもあった。

DSC04458.JPG
ウィーンへ飛ぶオーストリア航空

DSC04470.JPG
ANAの貨物機。

その後、バスに乗車し、航空科学博物館へ向かう。一度言ってみたかった場所だが、交通の便はそこまで良いとは言えず、今回、時間を調べて行くことが出来た。バスは成田空港の制限区域内をぐるぐると走行、空港内の複雑な道路配置や、この空港の持つ歴史の一端を垣間見た。
博物館では、飛行機や成田空港に関する展示のほか、展望台から、A滑走路を離発着する航空機が見られる。展望台で、何枚か写真を撮ってみた。

DSC04473.JPG
エールフランスのA380。オール2階建ての巨大飛行機、離陸もずっしりとした様子だった。

DSC04480.JPG
シンガポール航空系のLCC「スクート」成田はLCCに活路を見出せるのか。

DSC04494.JPG
ご存知日本航空。このカラーもだんだん減っていくのであろう。

DSC04499.JPG
博物館のシンボル、ジャンボ機の先頭部分。導入予定の航空会社のマークの中には、すでに歴史上の会社になったものも。

DSC04477.JPG
運行停止中のB787が野ざらしになっている。ユナイテットのB787は成田への飛行中に運行停止が決まり、長期滞在中とのこと。


博物館を一通り見学し、予定より一本早いバスで博物館を後にした。空港に戻っても仕方がないので、バスが経由する芝山千代田駅で下車して、日本一短い「芝山鉄道」に乗車することにした。

DSC04506.JPG
芝山千代田駅。売店は弁当屋というか、食堂であった。

芝山千代田駅にやってきたのは京成の普通の電車。路線図などを見ても完全に京成線の一路線として営業している格好である。PASMOなどのIC乗車券が利用できないことと、運賃が京成線に入ると割高になることで別会社とわかる程度である。駅のすぐそばには空港の整備施設があり、ここで働く人の通勤の足として機能しているようだが、駅の広告はすべて空港会社のものであることからもわかる通り、そもそもは、空港建設に伴う見返りで出来た鉄道のようだ。

駅を発車すると、空港敷地内のトンネルに入る。途中くねくねしているのは例の民家のあたりの通過であると容易に判断できる。ビジネス需要は羽田へどんどん移行している中、成田空港の存在意義を今一度真剣に考えなければいけない遺物であろう。走行しているうちにもとの成田空港駅である「東成田駅」に到着、芝山鉄道のたびは3分ほどで終了した。列車はそのまま何もなかったように京成線に入り、空港内のトンネルを抜けたところで、ターミナルビルの地下にある現在の成田空港駅から来る線路と合流、高架を走って京成成田駅に到着した。

この日は、夕方友人と約束があるのだが、時間があるので、駆け足ではあるが、成田山新勝寺に参拝することにした。

DSC04515.JPG
駅からの参道を抜けると、新しく出来た総門が出迎える。

DSC04517.JPG
雄大な大本堂と、落ち着いた雰囲気の境内。いつ来ても心が落ち着く場所である。

飛行機を撮影していた時には曇っていた天気も、新勝寺で回復、きれいな青空の下、心地よい散歩が出来た。ちょっと駆け足だったが、参拝してよかった。

その後は電車を乗り継ぎ、友人と会食。楽しい一日を過ごした。


ブログ村 デジタル一眼(SONY)
posted by 安部ちゃん at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

文房具の季節

今日、仕事帰りに文房具を購入した。

一時期は、東急ハンズやLOFTに行って文具を買ったものだが、ホームセンターや大型スーパーの文具売り場のほうが安く売られていることと、品揃えも遜色ないので、最近はホームセンターや大型スーパーを利用している。今日行った大型スーパーに至っては、同じフロアーに隣り合って、スーパーのテナントであるLOFTと、スーパーの文房具売り場が隣り合っていたりする。下手をすると、同じものがスーパーで購入すると何割引で買えてしまうと言う妙なことが起こる。そして、新学期のセールということで、割引価格より更に10%引きで文具が購入でき、非常に得した気分になった。

この春購入した文具は、仕事でメインで使っているA4サイズのCampusノートに加えて、Dr. Gripの替え芯を購入し、後は、蛍光ペンをと思ったとき、先日、テレビ朝日の「お願いランキングGOLD」で文房具が特集され、蛍光ペンでトップに立っていたSTAEDTLER社の「テキストサーファー ゲル」を購入し、早速職場で愛用している。
文房具は国産のものが優れているという先入観を私は持っているのだが、このSTEADTLER社、ドイツの老舗文具メーカーで、かなり前から見かけてはいた。テレビでも、国産メーカーに押される中、トップで商品が紹介されたときの関係者の喜びの表情が印象的であった。

新学期、最近はタブレット端末などを教育現場に積極的に導入する動きがあるが、こうした多角的な理解とは別に、「読み・書き・そろばん」と称される繰り返しの鍛錬も必要であると私は考える。ペンを持って字を書き、考えを熟成させる。こうした作業もいいのだろう。こうしてブログで考えをあらわすときにも、日ごろペンを持って書き表していることがベースになっていると信じている。

そんな難い事とは別に、ドイツ製の文具というフレーズから、ドイツに旅行に行きたくなった。仕事の都合でなかなか行けそうにないが、計画だけは温めておきたいものである。
posted by 安部ちゃん at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

飛鳥山

飛鳥山公園に花見に出掛けた。

東京で勤務するようになって毎朝通勤電車から見ていた飛鳥山。一度は見てみたいと思った飛鳥山での花見が出来た格好になった。

自宅から電車を乗り継ぎ、京浜東北線の王子駅で下車。改札を出て右側に公園の入り口の階段がある。階段を見つける前に階段のバリアフリーのために敷設された「アスカルゴ」の乗り場が目立つため行列が出来ていた。

階段を登り公園でのサクラを愛でる。満開のサクラを前に多くの人が寛いでいた。

公園を後にして飛鳥山電停から写真の都電荒川線に乗る。

電停がおはぎ屋さんと言う庚申塚まで乗車する。おはぎ屋は定休日であり残念であった。
この庚申塚電停は「とげぬき地蔵」がある高岩寺の最寄りであった。
ちょうど良いので巣鴨地蔵通り商店街を歩き、高岩寺を参りつつ巣鴨駅まで歩く。

商店街は様々な店が営業をしており、非常に活気があった。
商店街のなか、塩大福で有名な「みずの」に立ち寄り、あんみつをいただいた。

巣鴨駅まで楽しく散歩をし、更に自宅近くのサクラも愛で非常に満足した。
CA3H0405.jpg

posted by 安部ちゃん at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | From mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

もう開花

色々とせわしく過ごしている中、今日は終日休み。
そんなわけで、伸びてきた髪を切りに、いつも行っている床屋に行く。

昨晩はかなり寝ていたのだが、疲れはまだたまっているのか、
床屋の腕が非常にいいのか、顔そりの間、しっかりと熟睡。かなり気持ちよく床屋を後にした。

そのまま帰宅してもよかったのだが、
昨日、仕事から帰る際、自宅最寄り駅に、サクラの飾り付けがしてあり、よく見ると、家近くの公園のサクラが昨日開花したようだった。

せっかくなので、公園によりつつ帰ろうということになった。
最近、家の近所もゆっくりとめぐっておらず、公園周辺の店の弊店や道路工事の進捗具合に驚き、公園に自転車を進めた。

すると、早咲きのソメイヨシノは、かなり花をつけているではないか。
今年もサクラを見に方々に出かけたいところだが、この調子だと、4月になったとたんにもう葉桜なんてことになりかねない。

CA3H0391.JPG

早くサクラが咲いたなと、自分が感じているのが、自分が中学校2年生で、ア・テストを終えた頃。
統計を見ているとその通りで、3月20日に横浜でソメイヨシノが開花していた。

サクラを見ると、春のいろいろなことを思い浮かべることが出来る。
今年はどんな記憶が刻まれるのだろうか。
posted by 安部ちゃん at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

みどり市大間々

ひな祭りの昨日、田楽座の舞台を見に群馬県、みどり市大間々を訪ねた。

大間々と言う駅はわたらせ渓谷鐵道にあるのだが、東武桐生線の終点赤城駅から至近である事がわかり、普通列車を乗り継ぐ計画を立てたが、ギリギリの乗り継ぎのため、春日部駅で少し遅れた野田線を待たずに伊勢崎線が発車。東武動物公園駅から特急「りょうもう」に乗ることにした。

そんなこんなで赤城駅に到着。赤城駅から大間々駅方面に歩いたラーメン店でランチをいただき、隣の「ベイシア」で差し入れなどを物色、会場へ向かった。

会場は「ながめ余興場」と言う芝居小屋で、開場前から多くの人が列をなしていた。
芝居小屋は見るだけでも趣のあるものであったが、そこにお客さんとの距離を大事にする田楽座の公演、加えて地元出身の座員がいるとなれば、舞台は観客と一体となり大いに盛り上がった。

帰りは東武鉄道の普通列車に揺られ、関東平野の広さを実感しながらの大間々行きとなった。
CA3H0379.jpg

posted by 安部ちゃん at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | From mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

信州まわりで名古屋へ

大学時代のサークルの同期会をやると言うので、休みを利用して名古屋に行く事になった。

東海道新幹線で往復しても良いのだが、寄り道をして、長野新幹線に乗り、長野、松本周りで名古屋を目指すことにした。帰りは東海道新幹線を利用するので、乗車券は一周の片道の形になり、東海道新幹線で往復するより安くなる。

ラッシュの終わり頃、大宮駅から長野新幹線に乗車、長野駅で篠ノ井線に乗り換えて松本を目指す。
篠ノ井線と言えば田毎の月で知られる姨捨駅から見下ろす善光寺平が美しいが、その後、松本盆地に下ってからの北アルプスの山々も美しく見えた。

松本駅で途中下車。篠ノ井線の列車内で見つけた蕎麦屋を目指して歩く。
歩く事15分程で、そば処浅田に到着。

単純にそばを戴こうと思ったのだが、メニューはそば三種類と酒に肴。店主の勧めもあり日本酒と焼き味噌を戴き、酒を飲み終えたタイミングで十割そばのざるを戴く。
つけ汁の薬味には、辛み大根を使用しており、独特の辛みと、しっかりしたそばに舌鼓を打った。

気分良くそば屋を後に松本城に向けて歩く。
そば屋の店主の話だと時間がかかるからタクシーが良いと言っていたが、車がなく普段から歩いている私にとっては程よい散歩。途中の通りの風情も良く、気分上々で松本城に到着。

雲一つない快晴の空と北アルプス、そして松本城と素晴らしい景観を堪能した。

名古屋に向かう中央線特急で、木曽路の景観を味わう予定であったが、木曽路は夢の中で過ぎゆき、沿線から雪が消えて特急列車は濃尾平野に入った。

時間はかかったが、美味しいそばに美しく景色を堪能出来た。
CA3H0372.jpg

posted by 安部ちゃん at 00:23| Comment(2) | TrackBack(0) | From mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

スキーは楽しい

先日休みに今シーズン初スキーに出かけた。

仕事が忙しくなり、今シーズンはスキーを出来ずに終わるのかと思っていて、かなり意気消沈していたのだが、出かけてみればアドレナリン出まくり。初すべりを満喫した。
帰りには日帰り温泉施設にも寄ることが出来、見上げると漆黒の空に多くの星が。普段、都会で建物の中で長時間仕事をしているとなかなかお目にかかれないものである。それだけ、光の中で生活し、空を見上げていないことがわかった。

帰れば次の18きっぷの計画と共に、まずは今シーズンのスキーライフをエンジョイしたいと計画している。どういうわけか、2月になれば一気に暖かくなるとの天気予報が。2月中旬に蔵王でのスキーを予定しているが、そのときまでいい雪の状態を保ってくれることを期待している。

時間があればガンガン滑りたいとやはり思うものだ。
posted by 安部ちゃん at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

タブレット購入

今日ヨドバシカメラでタブレット端末を購入した。
現在、パソコンの部屋と今が離れており、わざわざパソコンを起動するのがすこし面倒になったことと、旅行中などのリアルタイムでの更新に便利ではないかと考え、購入に至った。家のインターネット環境がWiMaxから、Pocket Wi-Fiに変わったことも大きかったと思う。

Apple社製の物の購入も検討していたが、ドッグ型キーボードが内蔵されているASUS社製の物を購入した。

今後は、こちらでの更新が多くなります。

これからも更新頻度を
維持しながら頑張って行きますので応援よろしくお願いいたします。
posted by 安部ちゃん at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

冬の青春18きっぷの旅

昨年夏、原点回帰と題して18きっぷの旅を心底楽しんだ。(まだ最終日の旅行記を書き上げていませんが…)
この事に味を占めた私は、冬の18きっぷでの旅を計画するため、冬の臨時列車が掲載される時刻表11月号を購入し、計画を練った。

そんななか、友人と久しく訪ねていない松江の料理店に行く計画が決まり、休みを取って松江行きに絡めて旅をしようと考えた。

決定した計画は兵庫県の香美町にカニを食らいに行くことにした。

昔から時刻表を読み込んでいた私は、冬になると播但線・山陰線に増発される「かにカニ○○」という列車が気になり、山陰の冬の味覚の代名詞がカニであることを理解していた。
せっかくなのでこの事を実証しに夏と同じようにムーンライトながら号に乗り込み西を目指した。

夏は一人旅だったので、ひたすら乗り継ぎの旅行にしたが、今回は妻も一緒。乗りまくりだけでなく観光もした。とりあえず今日は少しの時間であるが京都市内を観光し、京都から山陰線に乗って香美町の佐津という無人駅に降り立った。

妻が手配して食したカニは絶品でありお腹いっぱいになった。

写真は絶品のカニ鍋と私。

明日も乗り継ぎのあとには松江での絶品宍道湖料理が待つ。
CA3H0359.jpg

posted by 安部ちゃん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | From mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。